ドライシートカバー(バスボート用)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ドライシートカバー

ドライシートカバーとは?

バスボートのシートの上にひいて使うマットの事です。厚み約10mmのスプリングの様な立体メッシュの素材でシートとお尻の間に

空間を作る事で雨が降っても、シートとお尻の間に空間が出来る為、お尻が濡れにくい構造になっています。

ドライシートの表面には水がほとんど染みないため、いつもドライで快適なのです。

ドライシートカバー特徴

お尻が濡れないそれだけ??

お尻が濡れにくいだけでは有りません。シートとの間に空間が出来るので、

夏場は風が通る事で非常に涼しく、冬は底冷えしない為あったかいのです。

それともう一つ大きな効果は座席自体の保護にもなります。

バスボートのシートはボートの中央に有り座席をまたいで移動するため、不意に座面を踏んでしまう事が有ります。

それが原因でシートが破れるのがほとんどです。

ドライシートカバーがあれば靴で踏んでも適度にドライシートカバーが滑り、座面の表皮にはほとんどダメージが有りません。

ドライシートカバー

 

破れて水の染みたシートの上にひいてOK。

本来、破れたシートの上にひいて使う為に作られた商品です。破れも目立ちにくくなります。

破れたシートの上にゴムのマット等をひいて使用しているのを見かけますが、それですとかなりシートが蒸れた状態になります。

普段ボートカバーを被って蒸れた状態のシートは定期的に乾かしてあげないと、どんどん加水分解が進み表皮、スポンジ、ベース共に劣化を早めます。

釣りをしているときはシートを乾かしてあげる貴重な時間なのです。ドライシートカバーですと移動中でもシートに風が抜けるのでシートの乾燥をより一層促進します。

バスボートシート破れ

ドライシートの厚みが10mm程度で本当に大丈夫?

ドライシートカバーの硬さはシート座面のスポンジより約2倍の反発力が高く。その為、お尻で踏みつけても座面のスポンジが先に沈みこみ

ドライシートは厚みを維持しています。その事から約10mmの厚みで十分なのです。

ドライシートカバー

ドライシートカバー

 

 

シートへの固定方法は工夫次第で無限大

ドライシートカバーには、2本のバックル付きベルトが装着されています。その他4箇所のループベルトが有りますので、ゴムコードや

ヒモを通してでも取り付けが可能です。バックルが邪魔な場合はニッパー等でバックルの付け根をカットして、ループベルトとしてご利用下さい。

縦横、使い方は自分流でOKなのです。

ドライシートカバー

ドライシートカバー

 

サイズは3種類 

 

Mサイズ  480mm×400mm     ¥6000税別

Lサイズ  580mm×450mm     ¥6500税別

ベンチタイプ 1500mm×400mm    ¥12000税別

※伸縮しますので数mm誤差が有ります。

 

ドライシートカバーサイズ

ドライシートベンチシートタイプ

 

 

お支払い方法は 代引き又は銀行振り込み

送料全国一律 ¥800

代引き手数料 ¥300

 

 

ご注文はこちらのフォーム→  注文フォーム

LINEでもご注文可能です。ご希望のサイズと個数をご連絡下さい。

お問合せ→ https://customseat.jp/wp/contact/

 

ドライシートマットタイプ(アルミボート用)→ https://customseat.jp/blog/2019/05/21/dryseat-3/

 

 

 

 

 

 

 

 LINEでお問合せ↓お気軽に!
友だち追加