ボートのシート張替え

ドライシートカバー(バスボート用)

ドライシートカバー

ドライシートカバーとは?

バスボートのシートの上にひいて使うマットの事です。厚み約10mmのスプリングの様な立体メッシュの素材でシートとお尻の間に

空間を作る事で雨が降っても、シートとお尻の間に空間が出来る為、お尻が濡れにくい構造になっています。

ドライシートの表面には水がほとんど染みないため、いつもドライで快適なのです。

ドライシートカバー特徴

お尻が濡れないそれだけ??

お尻が濡れにくいだけでは有りません。シートとの間に空間が出来るので、

夏場は風が通る事で非常に涼しく、冬は底冷えしない為あったかいのです。

それともう一つ大きな効果は座席自体の保護にもなります。

バスボートのシートはボートの中央に有り座席をまたいで移動するため、不意に座面を踏んでしまう事が有ります。

それが原因でシートが破れるのがほとんどです。

ドライシートカバーがあれば靴で踏んでも適度にドライシートカバーが滑り、座面の表皮にはほとんどダメージが有りません。

ドライシートカバー

 

破れて水の染みたシートの上にひいてOK。

本来、破れたシートの上にひいて使う為に作られた商品です。破れも目立ちにくくなります。

破れたシートの上にゴムのマット等をひいて使用しているのを見かけますが、それですとかなりシートが蒸れた状態になります。

普段ボートカバーを被って蒸れた状態のシートは定期的に乾かしてあげないと、どんどん加水分解が進み表皮、スポンジ、ベース共に劣化を早めます。

釣りをしているときはシートを乾かしてあげる貴重な時間なのです。ドライシートカバーですと移動中でもシートに風が抜けるのでシートの乾燥をより一層促進します。

バスボートシート破れ

ドライシートの厚みが10mm程度で本当に大丈夫?

ドライシートカバーの硬さはシート座面のスポンジより約2倍の反発力が高く。その為、お尻で踏みつけても座面のスポンジが先に沈みこみ

ドライシートは厚みを維持しています。その事から約10mmの厚みで十分なのです。

ドライシートカバー

ドライシートカバー

 

 

シートへの固定方法は工夫次第で無限大

ドライシートカバーには、2本のバックル付きベルトが装着されています。その他4箇所のループベルトが有りますので、ゴムコードや

ヒモを通してでも取り付けが可能です。バックルが邪魔な場合はニッパー等でバックルの付け根をカットして、ループベルトとしてご利用下さい。

縦横、使い方は自分流でOKなのです。

ドライシートカバー

ドライシートカバー

 

サイズは3種類 

 

Mサイズ  480mm×400mm     ¥6000税別

Lサイズ  580mm×450mm     ¥6500税別

ベンチタイプ 1300mm×400mm    ¥12000税別

※伸縮しますので数mm誤差が有ります。

 

ドライシートカバーサイズ

ドライシートカバー

 

 

お支払い方法は 代引き又は銀行振り込み

送料全国一律 ¥800

代引き手数料 ¥300

 

ご注文はこちらのフォーム→  注文フォーム

LINEでもご注文可能です。ご希望のサイズと個数をご連絡下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ドライシートカバー装着 レンジャーボート編

ドライシートカバー装着

レンジャーボートに装着してみました。

シートの形状的に少し装着しにくいようですので、オススメの装着方法をご紹介致します。

基本的にドライシートカバーは汎用品ですので、どの様な付け方も間違いは無いのですが

参考にして頂ければと思います。

 

取付用のベルトは風で飛ばないようにする為の物。

ドライシートカバーにはベルトが2本付いていますが、ピッタリとつけるための物では無く

風で飛ばないようにする為の物ですので1本の固定でも十分役割を果たします。

今回、奥側のベルトは装着しにくいのでバックルの根本をカットしバックルを外します。

ドライシートカバー

ドライシートカバー取り付け

バックルをカットしフチをシートの隙間に押しこむ

バスボートドライシートカバー

もう少しシッカリ装着したい場合は、、、、、。

背もたれのセンターが外れますので、紛失防止用のベルトにタイラップやヒモなどで固定するのも良いと思います。

余談ですが、このカバーの下についているボルトがシートを固定しています。3番サイズのプラスビスです。

レンジャーボートシート取り外し

ドライシートカバー取り付け

装着完了!!

どうでしょう?意外と簡単です。取り付けには正解、不正解はございませんが、工夫次第でフィット感が格段にUP致します。

是非お試し下さい。

 

ドライシートカバーまもなく販売!楽しみにお待ち下さい。

 

トライトンボートTR-21X2 シート張替え

トライトンボートTR-21X2のシート張替え

2007年式トライトンボートTR-21X2のシート張替えです。

12年程の歳月で破れや表面の劣化も多く見られましたが

船体はとても綺麗ですので、シート張替えでかなり綺麗になるのではと思います。

 

トライトンシート張替えイメージ

まずは恒例のイメージスケッチ製作

シックなデザインを中心にご提案させて頂きましたが、オーナー様のコンセプトはオモチャっぽいとの事で今までに無いオーダーカラー

ラメ紫とピンクに決定しました。

そして約2週間後、、、、、、、。

トライトンボートTR-21X2のシート張替え

シート張替え完成!!

奇抜な色合いでしたので、オーナ様に見ていただくまで少し心配はしていましたが、最高にご満足頂けました。

今回はこれぞフルオーダーといった感じのご注文でした、自分だけのイメージを形にして下さい。

 

 

2007年式 トライトンボートTR-21X2

 

メインシート張替え     ¥55000

ナビシート張替え     ¥55000

センターシート      ¥40000

シート張替え合計     ¥150000税別

製作期間2~3週間

 

※シートは佐川急便で郵送できるサイズです。遠方のお客様もお気軽にご注文下さい。

 

その他のボートシートの張替え例はこちら

カスタムシートJPホームページ

 

 

 

 

 

2006年式トライトンボートTR210シート張替え

トライトンボートシート張替え

TRITON BOATS(トライトンTR210)シート張替え

バスボートのシート張替えです。今回は06年式トライトンボートTR210のシート張替えです。

12年以上前のモデルになりますので、シート表皮の傷みもかなり進んでいました。

せっかくですのでデザインも今風の物にリニューアルをしたいと思います。

 

バスボートシート張替えイメージ バスボートシート張替えイメージ バスボートシート張替えイメージ

まずはイメージスケッチで打ち合わせ

ブログでは3パターンしか載せていませんが実際には平均で15種類くらいは打ち合わせしながら製作します。

この時間がワクワクして一番楽しいですね?おもにLINEで打ち合わせを致します。

スケッチにする事でイメージが湧きやすいです。デザインが決定して2週間後、、、、、、、。

トライトンボートシート張替え

TR210シート張替え

バスボートシート張替え

トライトンボートシート張替え

TR210シート張替え完成

いかがでしょうか?高い質感、デザイン、共に最高にカッコイイシートに仕上がりました。

ダイヤのステッチ部分も固めのスポンジを入れることで触った感じもカッチリとして高級外車のシートの様です。

オーナー様にも大変ご満足いただけました。

トライトンボートシート張替え

 

2006 TRITON BOATS(トライトンボートTR210)シート張替え

運転席シート張替え  ¥50000

助手席シート張替え  ¥50000

センターシート張替え ¥40000

シート張替え合計   ¥140000税別

製作期間 約12営業日

※シートは佐川急便で郵送できるサイズです。遠方のお客様もお気軽にご注文下さい。

 

その他のボートシートの張替え例はこちら

カスタムシートJPホームページ

 

シート表皮のお手入れについて。

シートのメンテナンス

張替えたシートを末永くご利用いただく為に

当社ではバイク、ジェットスキー、ボートなど様々な乗り物のシートを張替えていますが。

基本的なお手入れは同じです。

 

普段のお掃除は水拭きや中性洗剤で十分です

通常の使用ですと汚れのほとんどは手の油等の汚れが多いので、水拭きでOKです。汚れがきつい場合は

中性洗剤(食器あらい洗剤)を薄めた水を含ませタオルを硬く絞り、汚れた箇所をふき取るだけで大抵の汚れはとれます。

ここでシート屋ならではの簡単に汚れを楽に取るコツがございます。それは、、、、。

白いマイクロファイバータオルを使う事です。(※白以外は色移りの原因になりますので使わないで下さい)

洗剤の洗浄力よりマイクロファイバーを使ったほうが圧倒的な違いが出ます。

靴が擦れて黒い後が残ってしまった場合は、白い柔らかい消しゴムでやさしく擦ると取れます(砂消しゴムは絶対NG)

 

 

縫い目の撥水

ステッチ(縫い目)の撥水について。

シートの表皮自体は水がしみこむ事はございませんが、縫い目の防水が気になる場合は

市販のフッソ系撥水剤をご利用下さい。いわゆる防水スプレーと言う商品ですが、シリコン系、フッソ系の2種類がございます。

シリコン系でも使えるのですが、シートが滑るようになってしまいます。ですのでフッソ系がオススメです。

撥水スプレーには有機溶剤が含まれますので、シート全体に直接スプレーしないで下さい。

必ず、目立たない所でテストしてから、ウエスにスプレーしてウエスから縫い目に染みこませるように塗りこんでご使用下さい。

縫い目の1cm幅を撥水するイメージです。

 

これはNG使わないで!!

合成皮革ですので、油系は使わないで下さい。よくある間違いは、本革用のオイル等、艶出し剤。

車用のワックス成分の入った洗剤等、

オイル系はオイルの付着した箇所に太陽光が当ると温度変化で劣化する事が有ります。サンオイル等も避けてください

ダメな物まとめてみます。

 

  • 重曹
  • ウェットティシュ型の車ボディー艶出しシート (コレは一度でダメになります)
  • シンナー
  • 艶出し用オイル
  • 激落ちくん等(メラミンスポンジ)
  • 台所クレンザー(研磨剤がNG)

 

大体こんな感じです。この辺に気を付けて頂ければ問題ないと思います。ご不明な点がございましたらLINEからお気軽にご質問下さい。

 

気に入ったシートの写真をLINEで送っていただければご注文可能です。お気軽にお問合せ下さい。

 

 

 

2013スキーターZX190 シート張替え

ボートシート張替えイメージスケッチ

バスボートスキーターSKEETER ZX190のシート張替えです。

今回はムラハガイドサービスこと村橋宗英様よりご注文頂きました。

船体は2013年式と比較的新しいのですが、シート表皮は硬化してヤブレが発生していました。

イメージスケッチで色合いの打ち合わせ結果ご覧のカラーリングに決まり製作にかかりました。

スキーターZX190シート張替え

スキーターZX190シート張替え

スキーターZX190シート張替え

スキーターシート張替え完成

イメージ通りに仕上がりました。色合いに悩んだだけあってとてもカッコイイシートに仕上がりました。

やはりイメージスケッチは仕上がり前に色の組み合わせが確認出来ますので効果絶大です。

バスボートのシート張替えでお悩みの方はお気軽にご相談下さい。

LINEでシートの画像を送っていただければお見積もり致します。

 

 

今回のオーダー内訳 スキーターZX190

 

ドライバーシート張替え   ¥50000

助手席シート張替え    ¥50000

センターシート張替え   ¥40000

シート張替え合計     ¥140000税別

製作期間2週間程度

 

 

琵琶湖バス釣りガイド

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

ムラハガイドサービス

HP https://www.muraha-guide.com/

TEL 080-8979-8235 (村橋宗英)

出船場所 〒5200241 滋賀県大津市今堅田3丁目23−19 リブレバスクラブ

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

 

気に入ったシートの写真をLINEで送っていただければご注文可能です。お気軽にお問合せ下さい。

 

 

ヤマハ マリンシックス ハッチ用 メッシュクッション

マリンシックス ハッチ用クッション製作

和船のイケスFRP製のフタ(ハッチ)にクッションを付けたい。

そんな事を最初に思ったのは5,6年前、波のある日にハッチの上に座っていると、お尻が痛いんです、

波で船体がバーンと叩かれると、思わず身構えてしまうほどお尻が痛い。

1時間も乗船すると辛くて、それが始まりでした。

和船のハッチにクッション製作

こんなの簡単、フタの上にスポンジ製のクッション付ければいいだけ。

はじめはそんな風に思ったんです。早速、波に当たる衝撃から大体計算すると、、、以下の様な仕様になりました。

 

スポンジ厚40mm~50mm 硬さは#10000程度

 

スポンジは柔らかい物が安価ですが、底付して全く使えません。材料としては高価ですが#10000程度の

コシが有り密度の高い座っても底付しない物をチョイスしたのです。

 

こんなの簡単、、、、、。でなかった!

6ヵ月後、、、、。

基本的に船は水に濡れる事が多い、なのでスポンジの上に合皮巻いた様なクッションだと、常に水気が残り

クッションに座ると水が染み出る、湿気により通常より早く表皮が痛んでしまいました。

なによりお尻が濡れるのはかなり気持ち悪い。

その後は、表皮の下にビニールを入れるなど工夫してかなりましにはなったものの。

座る前には座席をタオルで拭いて座っていました。

 

そうだ、、、、。水が下に抜けてもOKなんだ

と玄関用マットを見て思いついたんです。そこでナイロンのメッシュ素材を使い様々な厚みや、縫製などテストをして試作品が完成。

 

ボートのクッション素材

マリンシックスのハッチ用クッション

20mm程度の厚みですが、マット自体にスプリングの様に反発力がある為、

スポンジの40mm程度のスポンジ同等のクッション効果があります。軽量薄型でも同じ性能、しかもスポンジよりヘタリにくい、雨や波しぶきがついても

すぐに乾燥し保水しない為、快適です。

取り付け方はFRPのフタには両面テープでマジックテープを付けれるようにしたことにより取り外しが可能になりました。

これで外して洗う事ができます。とても衛生的。

和船イケスフタ用クッションヤマハ ハッチ用クッション

ひとつ忘れていた事が!これルアーのフック引っ掛かって取れないのでは??

ご安心下さい。簡単にはずれます。

イケス、ハッチ用クッション

ヤマハ、マリンシックスのハッチに対応 メッシュクッション販売します

ラインナップは2種類、ヤマハ用、マリンシックス用

 

ヤマハ和船用ハッチ、イケスのフタ用 クッション     ¥9800税込み  ハッチのサイズ(約615×440)

マリンシックス和船用ハッチ、イケスのフタ用 クッション   ¥9800税込み  ハッチのサイズ(約595×415)

 

全国のマリーナ様、遊漁船、和船のオーナー様、是非お試し下さい。

 

ご注文はお電話、メール、LINEでも可能です。お気軽にお問合せ下さい

カスタムシートドットジェイピー 

TEL072-819-4844 (日祝日除く AM10:00~PM6:00)

2013年式 スキーターZX190のシート張替え

スキーターZX190のシート張替えオーダーを頂きました。

今回のお客様はムラハガイドサービスこと村橋宗英様からご注文いただきました。

今シーズンから本格的に琵琶湖のガイドをされるとの事で快適にお客様に利用して頂きたいとの思いから

バスボートのシート張替えをされるとの事でした。

新艇から5年、純正のシートの座面が硬化してヤブレが発生していました。

スキーターZX190シート破れ

配色に悩む場合はイメージスケッチ!!

基本的には純正に近いデザインを元々はご希望されていただのですが、

色々な生地見本を見て頂くうちに配色を少し変えたイメージも見てみたいとの事でしたので色々な配色のスケッチをご提案させて頂きました。

スキーターシート張替えイメージ スキーターシート張替えイメージ スキーターシート張替えイメージ

今からじっくりデザインをご検討いただきます。シートが完成後改めてブログでご紹介致します。

琵琶湖ガイド 村橋

ムラハガイドサービス

琵琶湖大橋近くのリブレバスクラブさんを拠点に、バスフィッシングガイドを営まれています。

ムラハガイドHP→ ムラハガイドサービス

 

 

ボートのTトップオーニング張替え

オーニング張替え

Tトップ張替え シーマジカル

Tトップのオーニングの張替えです。

2018年の台風で破れてしまった船、多いのではないでしょうか?

今回のオーニング生地は経年劣化で雨が染みるようになり、背中に水がたれてくるとの事でしたので、張替え致しました。

ご依頼頂いたお客様は大阪、堺の釣り船シーマジカル様。 毎日の様に出船しますのでやはり耐久性を重視したいとの事でした。

サンブレラオーニングTトップ張替え

オーニング取り外し

元々はサンブレラを使用していましたが、、、、。

サンブレラは高い質感でオシャレそして、密封状態でも蒸れにくいですが、素材は帆布ですので、撥水が落ちてくると水を含んでしまいます。

また、幅の広い生地が必要な場合は真ん中でミシン縫いをする必要が有り、ミシン目の糸が劣化すると裂けてしまうデメリットも有りました。

オーニング張替え

Tトップ張替え

耐久性重視でターポリンの生地でオーニングを製作致しました。

 

ターポリン生地は帆布の表面をPVC樹脂でコーティングした素材ですので、引き裂き強度がとても高く。それ自体が完全な防水素材ですので

破れない限り水を通す事は有りません。分かりやすく表現するとゴムボートの様な素材なのです。

幅広の生地が必要な場合も溶かして接着が出来、糸を使わない為、ホツレることも無いのです。

Tトップ張替え

結果!けっこう良い感じです。

サンブレラに見慣れているからでしょうか?なんか新しい感じです。ピシッとしていて半光沢でなんかいい感じです。

色もそれなりに選べますので選択肢が広がった気がします。

オーニングシート張替え

船の写真をLINEやメールで頂ければイメージ写真も無料で製作します。

色が多くて迷う場合は写真を頂ければイメージスケッチを製作し、お見積もり致します。お気軽にご相談下さい。

 

全国どこからでもご注文可能です。(離島ももちろんOK)

ご注文の場合は古くなったオーニングを当社に郵送頂ければ、ほぼ同寸の物を製作致します。基本生地ですので小さく折り畳めますので当社に郵送お願い致します。

ですので古いオーニングの生地は廃棄しないで下さい。まずはお問合せ下さい。日本全国のご注文を承ります。

 

今回のオーニング制作費

縦1900×横1300程度  ¥40000税別

制作期間7営業日

 

お問合せ

TEL072-819-4844(平日、土曜日AM10:00~PM6:00)

担当平田まで

LINE又はメールでのお問合せはこちらをクリック

和船ベース カスタム艇 シート張替え

大阪大正区のチャーターボートのFUJIYAMA様にシートの張替えオーダーを頂きました。

チャーターボートフジヤマ

操船席の小さなシートですが、この手のシートはベースのスポンジがダメになると意外と高価なので

早めのシート張替えをオススメします。このサイズですと表皮だけの交換ですと¥15000税別で可能です。

釣り船シート張替え

シートベースからの製作も可能です。

座席自体が無い場合でもハッチのフタを利用した座席や、ベースからの製作も可能ですのでお気軽にお問合せ下さい。

 

※カスタムシートドットジェイピーはバイクやジェットスキーだけではなく船のシートも製作しています。

船のシート修理張替え カスタムシート

今回オーダー頂いたチャーターボートフジヤマさん

大阪湾全般の釣り物に対応いています。花火や夜景見物もOK

HP http://www2.u-netsurf.ne.jp/~fujiyama/

メールアドレス charterboat.fujiyama@ezweb.ne.jp

大西船長  TEL 090-3429-4571

 

カスタムシートドットジェイピーのお問い合わせはこちら↓